• ホーム
  • 暮らし
  • 教育・文化
  • 観光
  • 産業
  • 町の紹介

ホーム > 暮らし > 健康・医療 > 感染症予防 > 風しんの追加的対策について

ここから本文です。

更新日:2020年1月23日

風しんの追加的対策について

 

2022年3月31日までの3年間に限り、風しん抗体検査・予防接種を公費で受けられます。

対象

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性

  • 今年度の対象は基本的に昭和47年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性(クーポン券を郵送してあります)
  • 風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた、抗体保有率がほかの世代に比べて低く(約80%)なっています。

 

自己負担

0円

 

 

抗体検査

  • 事業所健診や特定健診の機会に、クーポンを持っていればその場で受けられます。特定健診を受けない方(社会保険の方等)でも特定健診の会場で抗体検査を受けることができます。
  • 本事業に参加している全国の医療機関等で受けられます。

 

風しんについて

  • 風しんは、感染者の飛沫(唾液のしぶき)などによって他人に移る、感染力が強い感染症です。妊娠早期の妊婦が風しんに感染すると、出生時が先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障害がでること)になる可能性があります。
  • 大人になって感染すると無症状~軽症のことが多いですが、まれに重篤な感染症を併発することがあります。また、無症状でも他人に風しんを移すことがあるので、感染を拡大させないためには、社会全体が免疫を持つことが重要です。

関連サイト(外部サイトへリンク)

お問い合せ

南大隅町役場町民保健課健康づくり係

〒893-2501 鹿児島県肝属郡南大隅町根占川北226

電話番号:0994-24-3388

ファクス番号:0994-24-3119

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
フィードバック1

このページの情報は見つけやすかったですか?
フィードバック2