• ホーム
  • 暮らし
  • 教育・文化
  • 観光
  • 産業
  • 町の紹介

ホーム > 町の紹介 > 町の話題 > 故郷の教育や観光に役立てて

ここから本文です。

更新日:2018年7月10日

故郷の教育や観光に役立てて

島泊自治会出身で会社役員國分重人(愛知県一宮市)さんが7月5日、本町を訪れヒューマノイド(人型)ロボットを寄贈されました。
昨年、神山小学校に寄贈され、今回2台目を佐多小学校へ寄贈されました。
ロボットには「サタッコリー」いう名前が付けられました。
サタッコリーは、全長58cm、重さ5.4kg、2足歩行で音声認識などのセンサーを備え、プログラミングによってしゃべったり動いたりします。
國分さんは、「ロボットで色々な学校と通信したり、プログラミングを学んでほしい。故郷は子どもが少なくなったが、これからも応援したい。」と話してくださいました。
神山小学校、佐多小学校に寄贈されたロボットを活用したプログラミング学習が期待されます。

國分さんと、佐多小学校児童

ロボットを前に、目を輝かせる佐多小学校児童

小学校贈呈式にて児童へ挨拶する國分さん

お問い合せ

南大隅町教育委員会教育振興課学校教育係

〒893-2501 鹿児島県肝属郡南大隅町根占川北226

電話番号:0994-24-3143

ファクス番号:0994-24-3119

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?