• ホーム
  • 暮らし
  • 教育・文化
  • 観光
  • 産業
  • 町の紹介

ホーム > 暮らし > 健康・医療 > 感染症予防 > コロナ禍における熱中症予防

ここから本文です。

更新日:2021年7月19日

コロナ禍における熱中症予防

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、不要不急の外出自粛などの生活習慣の変化は、体力低下や暑さに慣れなれていない身体状況を招き、熱中症発症のリスクを高める恐れがあります。新型コロナウイルス感染症予防と熱中症予防を両立するためには、暑さを避け、水分を摂り、マスク、換気などの「新しい生活様式」を両立させましょう。

熱中症予防に関するウェブサイト(環境省)(外部サイトへリンク)

「新しい生活様式における熱中症予防行動のポイント」

1.マスク着用について

マスクは飛沫の拡散予防に有効です。しかし、高温多湿といった環境下でのマスクの着用は、熱中症のリスクが高まる恐れがあります。屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。

2.エアコンの使用

熱中症予防のためにはエアコンの活用が有効です。ただし、一般的な家庭用エアコンは、空気を循環させるだけで換気は行っていません。冷房時でも窓開放や換気扇によって換気を行いましょう。

3.涼しい場所への移動について

少しでも体調に異変を感じたら、速やかに涼しい場所に移動することが、熱中症予防に有効です。

4.日頃の健康管理について

「新しい生活様式」では、毎朝など、定時の体温測定、健康チェックが熱中症予防にも有効です。日頃からご自身の身体を知り、健康管理をしましょう。体調が悪いと感じた時は、無理せず自宅で静養しましょう。

「新しい生活様式における熱中症予防行動のポイント」(環境省)(外部サイトへリンク)

災害発生時における熱中症対策

今後多くの災害も発生していく恐れがあります。災害時においても十分な感染症予防を行いながら、熱中症予防を行いましょう。災害時には、慣れない環境や作業で熱中症のリスクは高くなりますので、お互いに声をかけながら、十分に注意しましょう!

さらに、停電等が発生し、冷房器具が使用できない状況においては一層注意が必要です。

災害発生時における熱中症対策(環境省)(外部サイトへリンク)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合せ

南大隅町役場町民保健課保健衛生係

〒893-2501 鹿児島県肝属郡南大隅町根占川北226

電話番号:0994-24-3388

ファクス番号:0994-24-3119

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
フィードバック1

このページの情報は見つけやすかったですか?
フィードバック2